韓国政府に厳罰要請の署名活動 5日間でクリア 飲酒運転事故の台湾人遺族ら

【社会】 2020/11/28 17:16 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ビデオメッセージで署名者に感謝を伝える事故犠牲者の両親=ユーチューブから

ビデオメッセージで署名者に感謝を伝える事故犠牲者の両親=ユーチューブから

(ソウル中央社)台湾人女性の死をきっかけに始まった飲酒運転に対する韓国政府の罰則強化を求める署名運動が、5日間で請願の成立に必要な20万人分の署名を集めた。これで韓国政府は何らかの回答をすることになる。

女性は留学のため韓国に滞在。今月初めに、青信号に従い横断歩道を渡っているところ、飲酒運転で赤信号を無視した車に衝突され、死亡した。飲酒運転の罪の重さを重視してもらおうと、遺族らは23日、韓国政府の請願サイトで署名運動を発起。署名は28日午前0時過ぎには所定の条件をクリアし、同日午後5時時点で20万7000人以上に達した。

韓国の現行の法律では、飲酒運転による死亡事故を起こした場合、3年以上の有期懲役、または無期懲役と定められている。

韓国の警察が今年4月に発表した統計によると、1 ~3月の飲酒運転に起因した事故は前年同期比24.4%増加しており、それによる死者も同5人(約6.8%)増加した。

(廖禹揚/編集:荘麗玲)