留学中の娘が飲酒運転の犠牲に 父親、韓国政府に厳罰求める/台湾

【社会】 2020/11/25 13:45 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(嘉義中央社)留学していた娘を亡くした台湾人男性が韓国政府に飲酒運転への厳罰を求めている。娘は今月初め、ソウルで飲酒運転の犠牲となり、帰らぬ人となった。28歳だった。男性は24日、中央社の電話取材に応じ、飲酒運転の罪の重さを韓国政府に重視してもらいたいとし、これが娘のためにできる最後のことだと語った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます