台湾で新たに1人感染確認=ガーナから帰国 現地で陽性、病状悪化

【社会】 2020/11/23 16:48 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾で新たに1人感染確認=ガーナから帰国 現地で陽性

台湾で新たに1人感染確認=ガーナから帰国 現地で陽性

(台北中央社)中央感染症指揮センターは23日、台湾で新型コロナウイルスの感染者を新たに1人確認したと発表した。台湾内で確認された感染者は計618人になった。

感染が確認されたのは、ガーナから帰国した50代の台湾人男性。今年2月から仕事でガーナに滞在しており、台湾に戻るために今月4日に現地で検査を受けたところ、陽性と判定された。感染者との接触歴があったという。当初は自宅で隔離措置を受けていたが、息切れなどの症状が出現し、同11日に現地の医療機関に入院。その後症状が悪化したため、国際医療用チャーター機での帰国を申請し、20日に台湾に戻った。現在は病院で治療を受けている。

(編集:名切千絵)