国際会議協会年次総会、高雄で開会 コロナ後の会議に指針提示へ/台湾

【社会】 2020/11/02 19:26 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
国際会議協会(ICCA)年次総会の開会式であいさつする陳其邁(ちんきまい)高雄市長

国際会議協会(ICCA)年次総会の開会式であいさつする陳其邁(ちんきまい)高雄市長

(高雄中央社)国際会議の業界団体、国際会議協会(ICCA)の年次総会が1日、南部・高雄市で開会した。陳其邁(ちんきまい)高雄市長は開会式で、「団結すれば全ての試練は克服できる」と述べ、「台湾の防疫の経験を全世界に喜んで伝える」と国際社会に貢献する意欲を示した。

年次総会には、リモートでの参加者も含め、1000人以上が参加。3日までの3日間の日程で開かれる。

今回の総会の焦点の一つは、3日のリモート会議で陳市長が調印する「高雄議定書」。コロナ後の国際会議の発展に関し、方向性の指針を示す。

(侯文婷/編集:名切千絵)