新竹の大学で日本語朗読コンテスト 台湾の学習者が日頃の成果を披露

【社会】 2020/10/23 13:05 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)交通大学(新竹市)で17日、学習者を対象に日本語朗読コンテストが開催された。大学生を中心に、小学生から社会人まで210人が参加し、日本の文学作品を読んで日頃の学習の成果を披露した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます