11月閉館の慰安婦記念館、再開目指してクラファン 移転費用募る/台湾

【社会】 2020/10/17 16:30 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)11月に閉館する台北市迪化街の慰安婦記念館「阿嬤(おばあちゃん)の家 平和と女性人権館」を運営する人権団体、婦女救援基金会が15日、別の場所での再起を目指し、インターネットで移転費用を募るクラウドファンディングを立ち上げた。目標額は300万台湾元(約1100万円)。同基金会は、各界からの支援に期待を寄せている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます