花蓮産文旦、おいしさに自信 糖度計測に日本の機器導入/台湾

【社会】 2020/09/07 18:51 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)来月1日は中秋の名月を楽しむ中秋節に当たる。行政院(内閣)農業委員会は6日、中秋節に欠かせないブンタン(文旦)について、各生産地ともに量も質も良好だと明らかにした。特に東部・花蓮産は、新たに導入した日本の糖度測定機器で測定した結果、糖度と酸度の比率が黄金比に達したとし、そのおいしさに自信をのぞかせた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます