台風6号、1人けが 停電1200軒、すでに復旧/台湾

【社会】 2020/08/11 13:40 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台風進路予想図=中央気象局提供

台風進路予想図=中央気象局提供

(台北中央社)中央災害対策センターの11日の発表によれば、軽度台風(台湾基準)台風6号の影響で、1人がけがをした。北部・桃園市で10日、落石が車に当たり、50代の女性が軽傷を負った。台湾全土で1200軒が停電したが、11日正午までに復旧した。

台風6号は10日午前に発生。台湾本島南のバシー海峡から北上すると、台湾海峡の南西部を通過して11日午前、中国大陸南東部の福建に上陸した。台湾海峡に浮かぶ澎湖では10日夜から11日午前にかけて、福建に程近い金門では11日全日、休業休校措置となった。

中央気象局によれば、11日は台風6号の周辺の雲などの影響を受け、短時間で強い雨が降りやすくなる。北部・台北一帯や桃園、中部・南投などでは午後、局地的な大雨に警戒が必要だという。

(黄麗芸/編集:楊千慧)