保健省の電話相談、日本語にも対応 DV、虐待、性暴力など/台湾

【社会】 2020/08/10 15:23 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
保健省の電話相談、日本語にも対応=衛生福利部提供

保健省の電話相談、日本語にも対応=衛生福利部提供

(台北中央社)衛生福利部(保健省)保護サービス司は10日、電話相談「113」の日本語対応を開始したと発表した。DV(家庭内暴力)や虐待、性暴力、セクハラなどの相談を受け付けており、言語の隔たりによって支援が途絶えないようにしたいとしている。

113では、結婚などで台湾に来た外国人の増加を受け、これまで英語、ベトナム語、インドネシア語、タイ語、カンボジア語に対応してきた。近年、日本人も増えているとして、今月10日から日本語体制を拡充。通訳が電話を受けた係員と共に対応に当たる。毎日、24時間体制で受け付けるという。

(陳偉婷/編集:楊千慧)