台湾のアーティストは「重要な役割担う」=ヨコハマトリエンナーレ

【社会】 2020/07/17 19:07 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(東京中央社)横浜市で17日に開幕した国際芸術祭「ヨコハマトリエンナーレ2020」に、台湾のジャン・シュウ・ジャン(張徐展)、アリュアーイ・プリダン(武玉玲)、ジョイス・ホー(何采柔)が出展している。横浜トリエンナーレ組織委員会の蔵屋美香副委員長は、生や死、有毒なものとの共存などをテーマにした同展では、3人がとても重要な役割を担っていると話している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます