台湾滞在歴ある日本人陽性で「感染ゼロ」に疑念 「全員検査」求める声も

【社会】 2020/06/30 12:07 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)台湾に滞在していた日本人女性から新型コロナウイルスの陽性反応が出たことで、「感染ゼロ」への疑念が生じている。国内の感染状況を明らかにするために「全員検査」を実施するべきだとの声も上がっているが、中央感染症指揮センターの荘人祥(そうじんしょう)報道官は、台湾では疫学調査を行った上で必要な人に対し検査する方針を取っていると説明。全員への検査を軽々しく実施するものではないとの考えを示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます