医師の陳定信さん死去 肝臓病研究の権威 76歳/台湾

【社会】 2020/06/25 14:18 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)台湾の医師で、肝臓病研究の権威として知られる陳定信(ちんていしん)さんが24日、台北市の台湾大医院ですい臓がんのため死去した。76歳だった。台湾大医学部長や世界肝臓学会理事長、台湾医学会理事長、台湾肝臓研究会会長などを歴任し、2010年には日経アジア賞を受賞した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます