台湾企業家「アジア人として助け合うべき」 日本政府にマスク100万枚寄贈

【社会】 2020/05/27 12:14 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)日本政府にマスク100万枚を寄贈した台湾の企業家、アンジェロ・クー(辜仲瑩)氏は26日、寄贈の理由について、「ウイルスに国境はなく、台湾は我関せずではいられない」とした上で、「とりわけ日本は台湾との交流が密接であり、同じアジア人として助け合うべき」とコメントした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます