新型コロナの感染力「発症1週間が最強」 台湾の研究結果、米医学誌が掲載

【社会】 2020/05/02 16:39 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)新型コロナウイルスは発症後1週間以内の感染力が最も強くなるという結論を導き出した台湾の研究結果が1日、米国医師会が発行する医学誌「JAMAインターナル・メディシン」に掲載された。中央感染症指揮センターが2日に発表した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます