日台のロータリークラブ、日本の看護協会にフェイスシールド寄贈

【社会】 2020/04/22 17:41 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(東京中央社)台湾では、日本の新型コロナウイルス対策を支援する動きが官民の隔てなく広がっている。東京都看護協会(新宿区)では21日、日台のロータリークラブ(RC)が合同で提供する2000個のフェイスシールドの贈呈式が行われた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます