高雄医師会、大阪・京都の医療従事者を支援 救援物資を提供/台湾

【社会】 2020/04/21 12:40 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(東京中央社)新型コロナウイルス感染症の治療に当たる大阪や京都の医療従事者を支援しようと、高雄市医師公会(医師会)はフェイスシールド600個を含む医療物資20箱を現地に届ける。同会の頼聡宏理事長らが20日、物資を揃え、発送を業者に依頼した。頼理事長は中央社の取材に対し、「台湾の状況が比較的安定している中、日本の医療業界の友人を強く支援し、共にウイルスと闘えれば」と語った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます