海軍感染者の立ち寄り先を公表 21万人にSMSで注意喚起/台湾

【社会】 2020/04/20 18:10 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)海軍の軍艦で発生した新型コロナウイルスの集団感染で、中央感染症指揮センターは20日、感染が確認された乗組員の下船後の立ち寄り先90カ所余りを公表した。公表された地点は台湾西部の各県市に散らばっている。センターは同日午前、当該地点に感染者と同一時間帯に滞在していた人に対し、携帯電話のショートメッセージ(SMS)を送信し、注意喚起した。同センターの陳時中指揮官は同日午後の記者会見で、SMSの送信対象者は約21万人に上ると明かした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます