日本統治時代官展輩出の台湾人画家に焦点 展覧会、台北で9日から

【社会】 2020/04/08 18:31 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)日本統治下の台湾で開催されていた官展「台湾美術展覧会(台展)」から輩出された台湾人画家3人の作品を紹介する展覧会が9日、台北市内の長流美術館台北館で始まる。取り上げられるのは「台展三少年」と呼ばれた林玉山、陳進、郭雪湖で、それぞれの代表作を展示する。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます