自宅隔離後も常時マスク、公共の場自粛を要請=期間後の感染判明で/台湾

【社会】 2020/04/05 13:19 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)14日間の在宅隔離や在宅検疫を終えた人が医療機関を受診し、新型コロナウイルスへの感染が発覚するケースが出ている。これを受け中央感染症指揮センターは4日、在宅隔離や在宅検疫の終了後、さらに7日間の「自主健康管理」を求める方針を発表した。外出時のマスクの常時着用、公共の場への出入り自粛などが必要になる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます