台湾、入境済みの外国人に配慮 ビザ期限を一律30日間延長

【社会】 2020/03/21 14:56 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)外交部(外務省)は21日、同日までに査証免除(ノービザ)、到着ビザ、短期滞在ビザなどで入境した外国人の滞在期限を一律30日間延長すると発表した。新型コロナウイルス対策のため、各国が出入国や航空機発着を制限していることに配慮したとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます