訪台外国人、治療費は自己負担の場合も 新型コロナ

【社会】 2020/03/17 18:23 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、中央感染症指揮センターは16日、健康保険の対象外となる訪台外国人の治療費に関する措置を発表した。衛生福利部(保健省)疾病管制署が出す「感染症渡航情報」で最高水準であるレベル3の国・地域からの短期滞在者は、14日間、検疫所に自費で入ることを選択でき、治療費や検査費は政府が負担する。レベル1、レベル2の国・地域からの短期滞在者は台湾で発症した際、医療機関の受診や検査にかかる費用を自己負担とする。施行は17日から。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます