人の往来が増える清明節 インターネットでの墓参りを提案=台湾大教授

【社会】 2020/02/24 16:32 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)4月4日には先祖の墓参りをする「清明節」が控える。例年は中国に住む台湾人が清明節に帰国するなど、人の往来が増える時期だ。台湾大公衆衛生学部のセン長権学部長は、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、今年はインターネットやビデオ通話を通じた墓参りに切り替えることを提案している。(セン=擔からてへんをとる)


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます