台湾、日本への渡航警戒レベル引き上げ 保健相、出入国管理の可能性も示唆

【社会】 2020/02/22 12:48 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)中央感染症指揮センターは22日、新型コロナウイルスの感染が広がる中での日本と韓国への渡航アドバイスを、現地での一般的な予防措置の順守を求める従来の「レベル1・注意」から、予防措置の強化を促す「レベル2・警戒」に引き上げたと発表した。同センターの指揮官を務める陳時中衛生福利部長(保健相)は、今後の状況によっては出入国管理も排除しないとの見方を示している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます