台湾、マスク増産進む 医療機関への供給量が倍増

【社会】 2020/02/11 13:11 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)新型コロナウイルスの感染拡大で需要が高まっているマスクについて、中央感染症指揮センターは10日夜、1日当たりの生産量は420万枚に達したと発表した。前週の320万枚より100万枚増。これを受け11日以降、医療機関への供給量はこれまでの倍となる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます