新型肺炎 台湾、武漢の団体客への入境許可を取消し 中華航空は武漢便欠航

【社会】 2020/01/23 17:31 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止のため、内政部(内務省)移民署は22日夜、今月末までに訪台予定の武漢からの団体客24組、429人の入境許可を取り消したと発表した。武漢からの団体客への入境許可の発給も一時停止する。チャイナエアライン(中華航空)とマンダリン(華信)航空は23日から、武漢を発着する便の運航を取りやめた。武漢便は来月末まで欠航する。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます