富嶽三十六景に美人画も 台湾で「五大浮世絵師展」 146点ずらり

【社会】 2020/01/22 17:54 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)江戸時代に活躍した浮世絵師5人の作品を紹介する「江戸風華-五大浮世絵師展」が中正紀念堂(台北市)で開催されている。展示されている「富嶽三十六景」をはじめとした名品146点は全て浮世絵収集家、中右瑛さんのコレクション。中右さんは台湾でも日本のアニメや漫画が愛されていることに触れ、浮世絵は日本の漫画のルーツだと紹介した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます