新型肺炎、台湾で患者を初確認=中国・武漢から帰国の台湾人女性

【社会】 2020/01/21 18:45 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)中国・湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の患者が台湾で初めて確認された。中央感染症指揮センターが21日、発表した。同センターによると、確認された患者は南部に住む50代の台湾人女性。武漢で働いており、20日に武漢から帰国した際に発熱やせきなどの症状があったため、自主的に空港の検疫官に申し出たという。女性はすぐに病院に搬送され、隔離治療を受けている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます