新型肺炎、中国の感染防止対策に手抜かりか 台湾がリスク拡大懸念

【社会】 2020/01/18 18:53 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)中国湖北省武漢市で、新型コロナウイルスによる肺炎患者が新たに確認されたことを受け、衛生福利部(保健省)疾病管制署の荘人祥副署長は18日、人から人に感染する可能性を排除できないとの見方を示した上で、中国の感染防止対策に手抜かりがあった可能性を指摘。警戒心を緩めないよう国民に呼び掛けた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます