中国・武漢の新型ウイルス肺炎 台湾、専門家を現地に派遣

【社会】 2020/01/13 18:40 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)中国・湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎患者が出ているのを受け、衛生福利部(保健省)疾病管制署は12日、専門家2人を武漢に派遣した。専門家は中国側の案内の下、13日から現地調査を開始した。少なくとも2日間滞在する予定だという。同署によれば、台湾では武漢に渡航歴のある発熱・肺炎症例が13日までに4人確認されているが、新型コロナウイルスの感染が確定した患者は出ていない。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます