先住民タロコ族の結婚式「十数年ぶり」 新郎が新婦背負う儀式も/台湾

【社会】 2019/11/11 18:51 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(花蓮中央社)台湾原住民(先住民)、タロコ族が多く暮らす東部・花蓮県秀林郷で9日、伝統的な結婚式があった。式を挙げたのは同族の女性と漢民族の男性。女性の親族で、先住民文化の保存に力を注ぐ活動家の田貴実さんによれば、集落で伝統的な結婚式が催されたのは十数年ぶりで、新郎が新婦を背負う儀式などが行われた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます