台湾の漆芸家、画家が入選 改組新日展、東京で開幕

【社会】 2019/11/02 15:47 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(東京中央社)改組新第6回日本美術展覧会(日展)が1日、東京で開幕した。台湾からは、漆芸家、彭坤炎氏の作品「南島風光」が第4科(工芸美術)に、画家、周天龍氏の油絵「シルクロード物語」が第2科(洋画)に入選している。台湾人アーティストの工芸美術部門入選は初めて。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます