旧台北鉄道工場の未来を考える特別展 台日米の建築家ら6組が参加/台湾

【社会】 2019/08/24 15:29 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 24日 中央社)国家レベルの鉄道博物館への転身が進められる旧鉄道工場「台北機廠」(台北市)の未来について考える展覧会が同所で24日から始まった。台湾、日本、米国の空間クリエーター6組が想像する6通りの未来像を紹介し、来場者に意見を出してもらうことで、鉄道博物館のより良い形を目指す。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます