高雄市大樹の玉荷包ライチ、生産8割減 暖冬が影響/台湾

【社会】 2019/04/15 19:04 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(高雄 15日 中央社)ライチの主要産地、南部・高雄市大樹区で、玉荷包ライチの生産量が前年より8割余り減少する見通しとなった。暖冬の影響だという。玉荷包は5月末から市場に出回る見込みで、価格の高騰が予想されている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます