台湾独立運動家の銅像に赤いペンキ 蒋介石像破壊への報復か

【社会】 2019/02/23 20:09 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台南 23日 中央社)台湾独立運動の先駆者、故・黄昭堂氏の記念公園(台南市)で23日、黄氏の銅像の顔や台座に赤色のペンキがかけられているのが見つかった。警察は、22日午後10時ごろにペンキをかける男とそれを撮影する女の姿を防犯カメラが捉えていたとし、2人の身元特定を急いでいる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます