昭和初めの郵便局、水中文化遺産の研究拠点に/台湾

【社会】 2018/12/27 15:49 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(澎湖 27日 中央社)離島・澎湖に日本統治時代から残る「澎湖郵便局」が水中文化遺産の研究拠点「澎湖水中考古学ステーション」(澎湖水下考古工作站)に生まれ変わり、26日に開館セレモニーが行われた。開館に合わせ、澎湖の沖合に眠る旧日本陸軍の貨物船など4隻の沈没船から見つかった文化財に関する企画展を開催し、歴史を来館者に伝える。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます