海外で働く台湾人は73万人超 10年間で約11%増加

【社会】 2018/12/19 15:24 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 19日 中央社)行政院(内閣)主計総処が17日に発表した最新の統計によると、2017年に海外で働いた台湾人は推定で73万6000人(前年比1.1%増)で、直近10年で約11%の増加となる。同処国勢普査処の潘寧馨副処長は、海外就労者の増加は人材流出なのではなく、企業のグローバル化により海外に人材を配置する必要が生じていることに起因すると分析している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます