台湾、公共メディア統合へ 来年6月の法案成立を目指す

【社会】 2018/09/21 15:48 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 21日 中央社)文化部(文化省)は20日、公共メディアの統合に向け「公共電視法」の改正案を発表した。これによると、名称が「公共媒体法」に改められるほか、施行後2年以内に通信社の「中央通訊社」(中央社、CNA)とラジオ局の「中央広播電台」(中央放送局、RTI)が、テレビ局の「公共電視」などを傘下に置く「公共媒体文化事業基金会」(現・公共電視文化事業基金会)と統合される。2社の対外的な呼称は据え置かれる見通し。10月末までに公聴会や省庁横断会議などで汲み上げた各界の意見が行政院(内閣)に送られ、来年6月の立法院(国会)成立を目指す。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます