日台の有志、放射能問題考える国際団体を結成

【社会】 2018/06/05 19:42 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 5日 中央社)台湾の環境保護団体「緑色消費者基金会」と日本のNPO法人「市民放射能監視センター」(愛称:ちくりん舎)が共同で、放射能問題を考える国際団体「国際公民輻射防護連盟」を結成することが分かった。両者は5日、台北市内で記者会見を開き、結成を発表した上で、東京電力福島第1原発事故による放射能汚染問題を注視する立場や、政府を監視する姿勢を強調。同事故以降、台湾が福島、茨城、栃木、千葉、群馬の5県産食品の輸入を禁止していることについては、5県だけでは「まだまだ不十分」との見方が出された。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます