台北で原発反対デモ、約2000人が参加 第4原発の解体を求める声も

【社会】 2018/03/11 19:00 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 11日 中央社)東日本大震災から7年となった11日、原子力発電所に反対するデモが台北市内で開催された。主催者側発表で約2000人が集まったという。一行は放射性廃棄物への対応やエネルギーの転換、原発の廃止と廃炉などを訴えながら、原発に立ち向かい、廃炉にしようなどのスローガンを叫び、脱原発への決意を示した。現在、建設凍結中の第4原発の解体を求める声も上がっている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます