台湾東部地震 募金口座の開設「必要に応じ判断」まずは救命優先=駐日代表

【社会】 2018/02/07 19:01 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 7日 中央社)東部・花蓮県近海で6日深夜に地震が発生したことを受け、日本では募金や支援を申し出る声が多く上がっている。謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表(大使に相当)は7日、募金専用の口座は現在のところ設けておらず、必要性に応じて開設の要否を判断するとし、まずは救命を最優先するとの方針を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます