台湾初 国レベルの先住民博物館、高雄に建設へ 文化普及・保存の場に

【社会】 2017/09/22 17:09 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 22日 中央社)台湾初の国立原住民族(先住民)博物館が南部・高雄市の澄清湖風景区に建設されることが21日、分かった。原住民族委員会のイチャン・パロー主任委員が同日、記者会見で発表した。開館後は台湾の歴史・文化の起源を紹介する窓口としての役割を担い、異文化との交流や対話を促進するとともに、先住民文化の普及や保存を推進する場として活用される。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます