台湾の労働者の平均年収は200万円弱 低所得者は約130万人

【社会】 2017/08/09 15:03 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 9日 中央社)財政部(財務省)は8日、ビッグデータを活用した2011~2015年までの労働者賃金統計を発表した。営利事業で年間180日以上就労し、労働保険に加入している約512万人を対象に調査を行った結果、台湾の労働者の平均年収は2015年時点で54万7000元台湾元(約199万円)で、2011年の51万2000元(約186万円)よりやや増加していることが分かった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます