エバー航空、42便欠航 CA500人の「天災休暇」申請で 日本線にも影響/台湾

【社会】 2017/07/30 16:42 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 30日 中央社)エバー(長栄)航空は30日、客室乗務員(CA)500人以上が天災休暇の取得を申請したため、42便を既に欠航にしたと明らかにした。これにより、約1万人の乗客に影響が出るとみられる。交通部(交通省)観光局の統計によれば、最も影響を受けたのは台湾と日本を結ぶ便で、団体客21組590人が出国できなかったほか、同28組808人が日本から帰国できなくなっているという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます