日本統治時代の台北鉄道工場、7月から参観可能に/台湾

【社会】 2017/06/17 18:40 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 17日 中央社)日本統治時代から残る国定古跡「台北機廠(旧台北鉄道工場)」(台北市)の一般参観が7月19日から開始される。文化部(文化省)は16日、公開される施設のリスト第1弾を発表した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます