学生らによる行政院突入、中心的メンバーに無罪判決 台北地裁/台湾

【社会】 2017/04/10 17:43 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 10日 中央社)2014年春の「ヒマワリ学生運動」で行政院(内閣)に突入し、公務執行妨害などの罪に問われた当時大学院生の魏揚被告ら計21人の判決公判が10日、台北地裁で開かれた。首謀者とされた魏被告やその他複数の被告には無罪、一部被告には懲役3~5カ月または罰金が言い渡された。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます