国防部長、空軍への評価は「100点」 軍人から薬物陽性反応でも/台湾

【社会】 2017/03/02 19:05 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 2日 中央社)台中市の空軍清泉崗基地内で先月下旬、日本では覚醒剤に指定されているアンフェタミンとみられる粉末と吸引器が見つかった件で、台中地検は1日、再度尿検査を受けた26人の軍人のうち8人から禁止薬物の陽性反応が出たと発表した。これを受け、報道陣から現在部隊や空軍に何点を付けるかと質問された国防部の馮世寛部長は「きっと100点」と答え、軍隊を信じる姿勢を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます