台湾、科学の順位が大幅上昇 数学ともに4位=OECD学力調査

【社会】 2016/12/07 13:08 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 7日 中央社)経済協力開発機構(OECD)が世界72の国・地域の15歳約54万人を対象に2015年に実施した学習到達度調査(PISA)で、台湾は「科学的応用力」が前回の13位から4位に大幅に上昇した。「数学的応用力」も4位で、前回の順位を維持。「読解力」は8位から23位に後退した。科技部(科学技術省)と教育部(教育省)が6日、合同で記者会見を開き、発表した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます