台湾、日本の降伏文書や中華民国憲法を国宝指定

【社会】 2016/05/11 18:01 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 11日 中央社)文化部(文化省)が先月下旬、日本政府が1945年に連合国、中華民国とそれぞれ交わした降伏文書や、1947年に公布された中華民国憲法の原本などを国宝に指定していたことが分かった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます