震災5年 台湾で反原発デモ 蔡英文次期総統「2025年に原発廃止」

【社会】 2016/03/13 13:36 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 13日 中央社)東日本大震災から5年。台北市内で12日、台湾の電力政策の見直しを求める反原発デモが行われ、冷たい雨が降る悪天候の中、多くの市民が参加した。民進党の蔡英文次期総統は同日、自身の会員制交流サイトを更新し、2025年までに全ての原発を廃止する考えを改めて示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます