台湾で50億円規模の選挙賭博摘発 45人逮捕、7200万円押収

【社会】 2016/01/04 15:19 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(桃園 4日 中央社)桃園地検は3日、今月16日に行われる総統・副総統・立法委員(国会議員)選挙をめぐる14億台湾元(約50億円)規模の選挙賭博を2日に摘発し、45人を逮捕したと発表した。ファックス63台やパソコン22台、通帳22冊のほか、掛け金2068万元(約7200万円)を押収したとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます